JMECC指導者講習会における「ディレクター見習い」について

 

1.参加条件
2.業務
3.開催ディレクター業務
4.参考

1.参加条件

下記①~④を満たしている者
① JMECCディレクター資格所持者
② ICLS認定WSインストラクター資格所持者*
③ WSインストラクターとしてJMECC指導者講習会に参加した際に開催ディレクターより推薦された者
④ JMECC開催申請時に「ディレクター見習い」として参加登録をされた者**
* ICLS認定WSディレクター資格所持者は「ディレクター見習い」ではないため、参加登録できません。
**  申請のない登録(直前および事後登録)は不可となり、参加実績にもなりません。

2.業務

コース計画時~報告時まで開催ディレクターのサポートのもとディレクター見習いを行う。
主に経験する内容は以下のものとなる。

  1. コース申請(JMECC&ICLS)の方法と内容確認(実際に申請するのは、開催ディレクター)
  2. 参加者への連絡
  3. 資機材準備・確認
  4. 資料準備・印刷
  5. 会場設営
  6. 指導者ミーティング
  7. 開会式、総論、試験問題解答と解説、閉会式講演
  8. ブースへの介入・評価方法
  9. ディレクター見習いによる報告書の作成(提出)
  10. 片付け確認
  11. 指導者終了後ミーティング(フィードバック)
  12. コース報告書作成(JMECC&ICLS)の方法と内容確認(実際に報告するのは開催ディレクター)

3.開催ディレクター業務

  • 期日までに「ディレクター見習い」に師事しながら開催申請を行う。
  • 講習会当日、「ディレクター見習い」に師事しながらコース運営を行う。
  • 講習会当日、「ディレクター見習い」へ運営に関するフィードバックを行う。
  • 開催終了後「ディレクター見習い」に師事しながら開催報告を行う。

4.参考