『内科救急診療指針 1st Edition』正誤表

(2015年6月23日現在)
※増刷分で既に訂正されている箇所もございます。

訂正箇所
13頁・図1 CRP:ただちに胸骨圧迫から再開 CPR:ただちに胸骨圧迫から再開
33頁・
■参考文献
4. が脱落。
  1. European Heart Journal 2009; 30: 2631-71.Guidelines for the diagnosis and management of syncope (version 2009) The task force for the diagnosis and management of syncope of the European Society of Cardiology.
79頁・29行目 脳出血では約3% 脳出血では約15%
100頁・表2 平時の収縮期血圧が110mmHg以下の場合:平時より20mmHg以の血圧下降 平時の収縮期血圧が110mmHg以下の場合:平時より20mmHg以の血圧下降
104頁・図2・二次治療 ノルエピネフリン div 0.5~30μg/kg/min ノルエピネフリン div 0.01~0.1μg/kg/min
113頁・表3 (3) 液所見 (3)検査所見
126頁・21行目 バーザ付酸素マスク ザーバ付酸素マスク
136頁・図1 ドパミン(210μ/kg/分) ドパミン(2~10μ/kg/分)
138頁・図2・(表1)・3行目 二相性初回としては100~200Jが望ましい 二相性初回としては100~120Jが望ましい
142頁・23行目 ・鼻カニュラ4ℓ/分 ・鼻カニュラ4ℓ/分
144頁・9行目 肥満BMI > 25.3% 肥満BMI > 25.3
145頁・25行目 時計方向回 時計方向回
147頁・抗凝固療法・【投与例】 以後1時間当たり10単位/kgあるいは 以後1時間当たり18単位/kgあるいは
156頁・表3・B.5 CROの上昇 CRPの上昇
173頁・表1 「低Ca血症」の「意識障害」が空欄になっている。 正しくは「」です。
174頁・表5 必要検体(採血後遠心分離し-20℃で凍結保存) 必要検体
174頁・表5・
測定項目2列目
レニン(0.5mℓ)、アルドステロン(0.5mℓ)、ADH(2.5mℓ)、ACTH(1mℓ)、PTH-rP(0.5mℓ)、 レニン(0.5mℓ)、アルドステロン(0.5mℓ)、ADH(2.5mℓ)、ACTH(1 mℓ)
174頁・表5・
測定項目3列目
BNP※(1mℓ)またはANP(1mℓ) BNP※(1mℓ)またはANP(1mℓ) PTH-rP(0.5mℓ)
194頁・図7・
最下部
25(OH)D高値 / 1,25(OH)2D
ビタミンD依存性くる病II型
25(OH)D高値 / 1,25(OH)2D
ビタミンD依存性くる病II型
203頁・8行目 FEx(%)=Ux/UCr÷Px/UCr×100 FEx(%)=Ux/UCr÷Px/PCr×100
260頁・5行目 太田祥一(東京医科歯科大学救急医学) 太田祥一(東京医科大学救急医学)
260頁・12行目 阿南英明(藤沢市民病院救急センター)
担当頁:236~246
阿南英明(藤沢市民病院救急センター)
担当頁:48~51,236~246
260頁・14行目 卜部夫(順天堂大学浦安病院神経内科) 卜部夫(順天堂大学浦安病院神経内科)
260頁・21行目 西川正憲(藤沢市民病院呼吸器科)
担当頁:42~51,116~129,227~235
西川正憲(藤沢市民病院呼吸器科)
担当頁:42~47,116~129,227~235