内科救急診療指針 1st Edition

manual_2_0

改訂初版『内科救急診療指針 1st Edition』

5,000円(消費税・送料込み)

書店様への卸売は行なっておりません。
消費税増税に伴う価格の変更はございません。

『内科救急診療指針2016』は会員向けに販売しております。

【重要】7月からすべてのJMECCコースでテキスト「内科救急診療指針2016」が必須化されます.

紙面サンプル(S-3 症候論-呼吸困難)[PDF:1.8MB] 正誤表

 JMECCコースで利用しておりました旧テキストとなります。本会認定試験の参考図書です。

収録内容

はじめに
発刊にあたって
Japanese Medical Emergency Care Course(JMECC)の成り立ち
【救急初期対応総論】
救急患者に対する系統的アプローチ
一次救命処置(BLS)・二次救命処置(ALS)
【症候論】
S-1. 一過性意識障害と失神
S-2. 意識障害.
S-3. 呼吸困難
S-4. 胸背部痛
S-5. 動悸
S-6. 頭痛
S-7. めまい
S-8. けいれん
S-9. 腹痛
S-10. 吐血・下血
S-11. 発熱
S-12. ショック
【各論】
K-1. 脳卒中
K-2. 喘息増悪(発作)
K-3. 急性呼吸不全
K-4. 急性冠症候群
K-5. 徐拍・頻拍
K-6. 急性心不全
K-7. 急性肺血栓塞栓症
K-8. 高血圧緊急症と緊急降圧
K-9. 急性腹症
K-10. 肝不全
K-11. 腎不全
K-12. 電解質異常
K-13. 高血糖緊急症・低血糖
K-14. 急性副腎不全(副腎クリーゼ)
K-15. 重症敗血症、敗血症性ショック
K-16. DIC〈disseminated intravascular coagulation: 播種性血管内凝固〉
K-17. アナフィラキシー
K-18. 環境性体温異常
K-19. 急性中毒(特に薬物中毒)
【手技】
C-1. 輪状甲状靭帯切開および穿刺
C-2. 胸腔穿刺およびドレナージ